高齢化社会にとって訪問看護は重要です

現在は高齢化社会です。
10年後、20年後は今よりも高齢化が進みます。
高齢化が進むと問題になるのが介護です。
訪問看護は名前の通り、訪問して看護する事です。
施設に行く事ではないです。
高齢者の中には施設に行けない人はたくさんいます。
施設に行けないから訪問してきてもらわないとダメです。
高齢化社会になってほしくないと思っても現実としてなってきています。

高齢化の波は止められないでしょうね。
高齢化は誰にも止められないから潔く受け入れるしかありません。
高齢化で問題なのは一人暮らしの高齢者が多いという事です。
家族と暮らしている高齢者もいますが、一人暮らしをしている高齢者もたくさんいます。
家族と一緒に暮らしている場合は家族の負担が大きいでしょうね。
負担が大きいから訪問看護を頼むという家族は多いです。
家族で年老いた親の事を見る事ができないという人は多いです。
高齢化社会が進むとそういう人はもっと増えます。

訪問看護の重要性は今後、もっと増して行く事でしょう。
訪問看護をしてもらえなかったらと思うとゾーッとします。
訪問看護は高齢化社会において欠かす事ができないサービスです。

カテゴリー: その他 パーマリンク